patweek.com

Since August 12, 1996

Dezolveの2ndアルバムが2/25にリリースされました!

高度なテクニックを持った若手ミュージシャンが織りなす、新世代のフュージョン系サウンド。メロディアスな曲が怒涛のテクニックと共に展開されていく、とても楽しいアルバムです。

Dezolve
山本真央樹(dr)
小栢伸五(ba)
友田ジュン(key)
北川翔也(gt)

Pat Metheny Groupがお好きな方はチェックされることをオススメします!
ぜひお聴きになってみてください!





SPHERE
DEZOLVE
ベガ・ミュージックエンタテインメント
2017-02-25



 

Pat Methenyの1972年当時の演奏? というものがファンの間で話題になっています。

この時Patは、おそらく17歳?!
噂どおり、この時期からすでに凄かったんですね〜!



<情報源:PMG2-ML, Thanks, Marc!>
    このエントリーをはてなブックマークに追加

ジャズライフ2017/3月号は、「ジャズギター早春賦」というタイトルで、ギター大特集となっています。なんとも粋なタイトルですね。

Kurt Rosenwinkelの新譜「CAIPI」のリリースインタビューから始まって、 Westville GuitarsのKurtモデル開発秘話、Bill Frisell&Mizuho新作対談、布川俊樹&矢堀孝一新作対談、北川翔也新作インタビュー、松原正樹メモリアル、Wes Montgomeryの演奏解析… 盛りだくさんです!

ギター以外では、桑原あい with Steve Gadd & Will Leeの新譜「Somehow, Someday, Somewhere」の10ページに及ぶ大特集もあります。
「AメロはD7一発ですよね?」「私の中では、DmとDが交互のイメージです」(P50のインタビュー)
だなんて。
こんなインタビューが読めるのはジャズライフだけではないでしょうか。スバラシイ〜。



 
Caipi
Kurt Rosenwinkel
Razdaz
2017-02-10


Somehow,Someday,Somewhere
Ai Kuwabara with Steve Gadd & Will Lee
T.O.M Records
2017-02-08




image
 

Al Jarreau, R.I.P.

名曲・名演はたくさんありますが、こちらでは2016年にPat Methenyと共演した時の動画を… 

"White House Hosts International Jazz Day Concert All Stars"
 

Pat MethenyのECM時代のレコーディング・セッションをLEGOで再現した「Jazz Studio Session (ECM Records)」が企画されているようです。
LEGOのサイトでの投票が10,000票集まると製品化が検討されるようですが、10,000票までは道のりが長そうです。ぜひ投票しましょう〜!

次のリンク先で、試作品を見ることができます。
投票は、リンク先の右側にある「Support」ボタンを押します。LEGOへのID登録が終わると投票できるようになります。 

Jazz Studio Session (ECM Records)
https://ideas.lego.com/projects/164473 




-----
The Set Includes

MAIN BUILD:
- Recording studio with a control room and a performance room

SECONDARY BUILD:
- ECM Records logo

EQUIPMENT:
- Acoustic guitar
- Grand piano
- Prophet 5 synthesizer
- Oberheim 4-voice synthesizer
- 3 microphones
- Microphone cables & stands
- Maracas
- Music sheet
- Headphones
- Recording and mixing console
- Speakers

MINIFIGURES:
- Manfred Eicher (producer)
- Jan Erik Kongshaug (engineer)
- Pat Metheny (guitar)
- Lyle Mays (keys)
- Nana Vasconcelos (percussion and vocals)
 


    このエントリーをはてなブックマークに追加

渡辺香津美さんの1980年の作品、「TO CHI KA」のレコーディング・リハーサルの様子を収めた60分ほどの動画がyoutubeにアップされています。こんな動画があったなんて! 複数のカメラでしっかりと撮られていますが、どのように使われる予定だったのでしょうか…

動画を観ると、ゆっくりとしたテンポでの音合わせから始まって、少しずつ曲が仕上がっていく様子がよくわかります。
このアルバムは、短い時間でサラッと録音されたのではないかと勝手に思いこんでいましたが、このように時間をかけて創り込まれていたのですね。あらためて深く感動してしまいました。

その他にも、「このギターだったんだ!」とか「最初はこんなベースラインだったんだ!」とか… 様々な発見があるのではないかと思います。ぜひじっくりとお楽しみください〜。




渡辺香津美
2001-07-20


弱冠21歳の若き天才ギタリスト、北川翔也のデビューアルバムが2017/2/8、ついに発売になりました!
<オフィシャルサイトより引用 http://artist.aremond.net/shoyakitagawa/profile/
北川翔也
1996年1月11日生まれ、東京都出身。
3才よりピアノ、8才よりギターを始め、
幼少期からクラシック、ロックなどの音楽に親しむ。 
15才の時にジャズギターに興味を持ち、岡安芳明氏に師事。
16才よりジャズライブ活動開始。
現在、早稲田大学政治経済学部在学中。大学サークルでは、フュージョンやコンテンポラリージャズなどを演奏。
本人もPat Methenyが大好きとのことですが、演奏や楽曲もどこかPat Methenyの雰囲気を感じさせる内容となっています。もちろんマネのようなものでは決してなくて、個性あふれる内容なのですが、この作品はPat Methenyファンの方でしたらハマることうけあい! Youtubeのダイジェスト音源や、Spotifyのリンクもはっておきますので、まずはぜひ一度お聴きになってみてください。


The New Day
北川翔也
SPACE SHOWER MUSIC
2017-02-08






 
「The New Day」収録曲のダイジェスト


 
ちなみにロック・フュージョン系の演奏はこんな感じです。
 

Dezolveというバンドでも活躍されています。
 

2017/5からは、カルテットでのヨーロッパツアーのようです!

 <An Evening with Pat Metheny w/Antonio Sanchez, Linda Oh, Gwilym Simcock>
    このエントリーをはてなブックマークに追加

Vintage Guitar Magazineのサイトで、Pat Methenyが、これまで使ってきたギターについて解説をしています。記事自体は、2015年のDVD「The Unity Sessions」がリリースされた直後くらいのもののようで、少し古い内容ではありますが、本人がここまでいろいろと語っている記事は、これまであまりありませんでしたので、とても貴重な内容だと思います。また、Gibson ES-175やIbanez PM200以外にも、様々なギターが紹介されています。これは凄い!

ギターの写真も盛りだくさんです! ぜひご覧ください。

Vintage Guitar Magazine
 Pat Metheny
 The Jazz Guitar Prodigy at 60 


また、Jazz Guitar Blogでは、上記記事のポイントが箇条書き(日本語)でとても読みやすくまとめられています。こちらもどうぞご覧ください。

Jazz Guitar Blog
 パット・メセニー、ギター遍歴を語る


ところで、2016年の来日時の写真をアップし忘れてしまっていましたので、この機会にアップしておきます。Pat Methenyは2016年の来日時に、Electro-Harmonix の「Hum Debugger」を使っていました。これは、Ibanez PM-200を使っている頃は使っていなかったようです。Daniel Slamanのギターを使うようになって、ピックアップがHumbuckerからCharlie Christianになったため、ノイズを減らす必要が出てきたためではないかと思われます。

image



    このエントリーをはてなブックマークに追加

2017/2に凄いアーティストがアルバムデビューします!
素晴らしい楽曲、そして驚愕のテクニック! Pat Methenyファンの方にはたまらない内容だと思います。ぜひチェックしてみてください!
プロモ動画なども準備されているようです。追加の情報が入りましたら、またお知らせいたします!

北川翔也フライヤー

<2017/1/1 追記>
『The New Day』 のダイジェスト音源がアップされたようですので、リンクをはっておきます。
ダイジェストとはいえ、各曲はもう少し長くても良かったんではないかと思いますが…(笑) きっと次のプロモもあることでしょう。楽しみです!





The New Day
北川翔也
SPACE SHOWER MUSIC
2017-02-08




このページのトップヘ