patweek.com

Since August 12, 1996

※patweekは、Twitterで新しい情報などを流しています。https://twitter.com/patweek もフォローしてみてください!
※facebookにて、patweek関連の情報交換を行うフォーラムを作っています。ぜひ登録してみてください! https://www.facebook.com/groups/867731550100222/

前回、2月発売のニューアルバムの1曲め「On Day One」の試聴サイトをご紹介しましたが、

http://patweek.com/archives/1504702.html

この「On Day One」の最初のベースライン、何かに似ているような…

私は2曲思い出したのですが、まずひとつめは、「So May It Secretly Begin」(アルバム「Still Life (talking)(1987年リリース)」収録)です。

この曲は、Pat Methenyが1986年頃に、「クラーベ」(ラテン音楽で使われる3-2とか2-3のリズム)を発展させながら曲を創るライティングセッションというのをやっていたそうなのですが、その中で生まれた曲のようです。

テーマのメロディは4分音符中心で、とても簡単な曲のように聴こえるのですが、ベースラインが一拍半のリズムが基本形(クラーベ)になっていて、アクセントがオモテになったりウラになったりと行き来するために、とても不思議なウネリが生まれています。

「On Day One」のベースラインには、何かこの曲と似たものを感じます。

「So May It Secretly Begin」
 


@@@
もうひとつは、「A Story Within A Story」(アルバム「Imaginary Day (1997年リリース)」収録)です。
この曲にはクラーベっぽいリズムの要素はほとんど無いように思えるのですが、ベースラインには「So May It Secretly Begin」に通ずるものがあるような気がします。
Pat Methenyの談によると、前述の「A Story Within a Story」や「5-5-7」(Letter From Home(1989年リリース)収録)の発展形という位置づけの曲だそうです。

今回の「On Day One」も、もしかすると、これらのさらに発展形なのかもしれません。

「A Story Within A Story」
テーマ部分はわりとシンプルに聴こえますが、「4/4を4小節+3/4を1小節」という変拍子となってます。



「5-5-7」
テーマ部分が「5/6+5/6+7/6」という変拍子にも関わらず、メロディはいたって普通に聴こえるという不思議な曲。



@@@
面白いのが、上記の「So May It Secretly Begin」も「A Story Within a Story」も、最初のコードが「Cm」なんですよね。そんでもって今回の「On Day One」のテーマも、聴いた感じではCmでしょうか? いずれもC音から始まるベースラインとなっています。
この、キーへのこだわりにも何かポイントがあるのでしょうかね。



Still Life (Talking)
Pat Metheny
Nonesuch
2006-02-06


 
Imaginary Day
Pat Metheny Group
Warner Bros / Wea
1997-10-03






Letter From Home
Pat Metheny
Nonesuch
2006-02-06



    このエントリーをはてなブックマークに追加

Pat Methenyのニューアルバム「KIN」が来年2月にリリースされるようですが、その1曲めの「On Day One」が、なんと下記ラジオサイトにて丸々聴けちゃいます!

<Jazz FM on Demand>
http://s2.xrad.io/jfmplayers/ondemand.php?id=JFU&play=od/jazzfm_cuttingedge.m4a

★今(2013/12/10現在)はもう次の番組になってしまっているようです…
12/10時点では別の曲を聴くことができますが、聴くことができるのはたぶん一週間くらいの間だけだと思います。


58:03くらいからスタートします。
つまみをマウスでつかんで、適当な位置まで動かしてみてください。

15分くらいの長めの曲です。
内容は… 書かないでおきます。ぜひ聴いてみて下さい!
    このエントリーをはてなブックマークに追加

Will Leeバンドのことを書いていながら、大事なことを忘れていました。

この7月に発売になったWill Leeのニューアルバム「Love, Gratitude and Other Distractions」には、Pat Methenyが参加しているようです。CDにはどこにも書いていないのですが、Will LeeのオフィシャルサイトではPat Methenyの名前がしっかり紹介されていました。

http://willlee.com/release/love-gratitude-and-other-distractions/

まさか載せ忘れたわけではないよねとネットで調べると、海外のCDショップサイトなどでは、「Mat Tepheny」と紹介されていました。
どうやら大人の事情があるようですねー。

聴いてみると一曲目の「Gratitude」には、クレジットされていないギター・シンセのソロが入っていまして、その音色やフレーズは、どう聴いてもあの方のものとしか思えないものが…!?






Will Leeバンドは12/4(水)~12/8(日)の予定で来日中(コットン・クラブ)です!

<コットン・クラブのサイト>
WILL LEE’S FAMILY featuring 
STEVE GADD, CHUCK LOEB, GIULIO CARMASSI & OLI ROCKBERGER
http://www.cottonclubjapan.co.jp/jp/sp/artist/will-lee/ 

 
    このエントリーをはてなブックマークに追加

「Pat Metheny Unity Group」に参加しているイタリア出身のマルチ奏者Giulio Carmassiは、来週12/4(水)~12/8(日)にWill Leeバンドのメンバーとして来日するようです。
前回の来日時にも、キーボードにサックスにとマルチ奏者っぷりを発揮していましたので、今回のステージも楽しみ! スケジュール等は、コットン・クラブのサイトをチェックしてみてください。

WILL LEE’S FAMILY featuring 
STEVE GADD, CHUCK LOEB, GIULIO CARMASSI & OLI ROCKBERGER


★★★
Giulio CarmassiがPat Metheny Unity Groupに参加することになったのは、Will Leeからの推薦がきっかけだったようです。
Giulio Carmassiは若い頃、イタリアに来ていたPat Metheny Groupのステージを観て、いつか自分がグループに参加する日、というのを夢見ていたとか。その夢がかなったというわけですか。凄い話ですねぇ。

-----
Announcing the New Pat Metheny Unity Group!
11.2.2013

(前略)
“An incredible musician appeared on my radar thanks to a recommendation from my friend, bassist Will Lee. His name is Giulio Carmassi. He comes from Italy and I guess you could say that he is a “multi-instrumentalist”, but that barely scratches the surface of what he does. He is an excellent piano and keyboard player, plays fantastic woodwinds and brass, guitars, bass, drums and sings like an angel. He told me he was inspired by seeing one of my bands perform in Italy when he was young and often thought about having the multi-instrumentalist seat on one of my projects.
(後略) 

<元記事>
Announcing the New Pat Metheny Unity Group! 
-----


★★★
Giulio Carmassiのマルチ奏者っぷりを味わえるビデオを2本ご紹介します。
First Circleは、Pat Methenyファン必聴。Bohemian Rhapsodyも、とても楽しい内容となっています。

First Circle / Pat Metheny Group



Bohemian Rhapsody / Queen
 


Giulio Carmassiのfacebook ページはこちらのようです。ぜひ「いいね!」してみてください!
https://www.facebook.com/pages/Giulio-Carmassi/33598692388
 
    このエントリーをはてなブックマークに追加

「patweek.com」をリニューアルしました!

こちらのサイトを中心に、少しずつ進めていこうと思っていますので、どうぞよろしくお願いします!
    このエントリーをはてなブックマークに追加

フラメンコ歌手のBuikaのアルバム「La noche más larga」に、Pat Methenyが参加しています。(1曲のみ)


La Noche Mas Larga
Buika
Warner Music Latina
2013-05-30



Pat Methenyがナイロン弦のアコギで参加の「No lo sé」。



このアルバムは、こちらの「La nave del olvido」などもアツい感じでオススメ。
 
    このエントリーをはてなブックマークに追加

PAT METHENY UNITY GROUPのアルバム「KIN」が2014/2/4にリリースされるようです!

下記のPat Metheny オフィシャルサイトからは、Pre Orderもできるようです。
CDが16.99ドル。LPも発売予定で、こちらは25.99ドルとのことです。(2013/11/22現在)

詳細は下記のオフィシャルサイトをご覧ください。
http://www.patmetheny.com/news/full_display.cfm?id=79 


KIN

















PAT METHENY UNITY GROUP / KIN (←→)

Track List:
1. On Day One (15:15)
2. Rise Up (11:56) 
3. Adagia (2:14) 
4. Sign of the Season (10:14)
5. Kin (<- ->) (11:06) 
6. Born (7:51) 
7. Genealogy (:38) 
8. We Go On (5:33) 
9. Kqu (5:27) 
    このエントリーをはてなブックマークに追加

2014年10月に、Pat Metheny Unity GroupのAsia / Pacific ツアーが行われることが決まったようです!
日本はどうなりますかね。続報が入りましたら、またお知らせしたいと思います!

http://www.tedkurland.com/hot-avails

(Thanks, Marc and "Pat Metheny News")
    このエントリーをはてなブックマークに追加






Pat Metheny / John Zorn's Book Of Angels Vol. 20

Pat Metheny (guitars, guitar synthesizer, electric sitar, electric bass, piano, synthesizers, orchestrionic marimba,bandoneon, percussion, electronics, flugelhorn)
Antonio Sanchez (drums)

Mastema 
Albim
Tharsis
Sariel
Phanuel
Hurmiz
 
このアルバムは、2つのレーベルから発売になっています。 ジャケットなどが異なりますが、録音内容は同じようです。

上が「Nonesuch」レーベル、下がジョン・ゾーンの「Tzadik」レーベルのものとなります。
「Tzadik」レーベルの方が、数百円割高な感じとなっているようです。
    このエントリーをはてなブックマークに追加

The Orchestrion Project
Pat Metheny
Nonesuch




The Orchestrion Project / Pat Metheny

Pat Metheny (guitars, guitar synthesizer, orchestrionics)

DISC1:
Improvisation #1
Antonia
Entry Point
Expansion
Improvisation #2
80/81 / Broadway Blues
Orchestrion

DISC2:
Soul Search
Spirit Of The Air
Stranger In Town
Sueno Con Mexico
Tell Her You Saw Me
Unity Village

    このエントリーをはてなブックマークに追加

このページのトップヘ